忍者ブログ
未選択(205)     なし(0)    
  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
07.24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雪の降りしきる津軽海峡、しらないおじさんに、「おまえは心臓をもたず生まれてきたから、生きていないのだ、さあこれを飲め」
と生の(しかも無駄にリアルな)心臓をわたされた。冷たい。大きい。とても飲めるサイズではない。
どうしよう、飲まなきゃと思っていたら、心臓は首のあたりに飲込まれて、そこで動き始めた。
ああ、これでやっと生き始めることができる。と思って、津軽海峡にかかる橋を振り返った所で目がさめた。
ティンマンか、ハウルか、これは。あれ?ティンマンが欲しかったのは脳みそだっけ?
おまえは脳みそがないから生きていないのだ
と言われたほうがまだましだった。心が無いと言われるより。心臓をくれたおじさんの顔が無かった。
直球な夢をみました。
PR
comment to this article
name
color
URL
text
pass    
prev  home  next
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)